屈辱!!浮浪者の掘建小屋みたいだと!?

先週の日曜日、天気がとてもよかったので小松菜の種も植えてみようかと思い立った。

葉っぱ系は地植えしたかったのでガーデンボックス内を耕し、真ん中をちょっと山にして種を植えてみた。

しかしここは去年青虫に葉っぱを沢山食べられてしまった場所・・・

なので、ナメクジや青虫の被害から逃れられるようにと、去年買った白い繊維の布みたいなカバーをかぶせることにした。

これ。



これは水も光も通すけど、虫は入ってこれない。軽いので地面に直接置いても発芽した芽が押し上げられるほどなのでふわっとのせて置くだけでも効果があると会社のマスターガーデナーの超お薦め品。

裏庭から拾った木の枝を支えに使い、こんな感じに。



両側に石や板を置いて吹っ飛ばないように固定させ・・・ あまり見た目が良くないね。



正面から見たらこんな様子。美味しく無農薬な小松菜が食べたい一心で作った簡易シェルターもどき。



J氏は野菜が住む浮浪者の掘立小屋みたいだって言ってるし!確かに美しくないけど、こうやって工夫して栽培するのが楽しいんだよっ。ほっておいてくれ。

そんな私の努力のおかげか、無事に可愛い芽がたくさん発芽しましたとさ。嬉しぃ~~ 

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント